ひかりとかぜのとおりみち

<   2014年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

週末、行けなくなってしまいました。

風邪を引いてしまいました。
寒気がして、頭がふらふらするので病院に行ったら、39度ありました。インフルエンザの反応は出ませんでした。
申し訳ありませんが、今週末は写真展「音のない言葉」の会場に行くことが出来ません。
主役である作品たちに頑張ってもらおうと思います。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by on-dori | 2014-02-28 19:02

今週末は

a0049639_854271.jpg

写真展「音のない言葉」は、会期中最後の週末を迎えます。
会場へは、3月1日(土)の午後に、顔を出したいと思っています。
よろしくお願いいたします。

[PR]
by on-dori | 2014-02-28 08:07 | E-M5 + SIGMA60mmF2.8

影のない光

a0049639_21401775.jpg

今週は春の気配を感じますね。
写真展「音のない言葉」を開催中の「珈琲楓舎」では、会期中限定のオリジナルブレンド珈琲豆「影のない光」を販売しています。豆の持つ甘さと焙煎の苦味が融け合った、コクのある味わいの珈琲です。
面白いネーミング。光には影が付き物ですが、確かに「光の中に影はない」のです。
この機会に是非、ご賞味ください。
[PR]
by on-dori | 2014-02-26 21:48 | DP2 Merrill

ご案内

a0049639_19544610.jpg

福島市の「珈琲楓舎」にて開催中の写真展「音のない言葉」は、この作品集による2度目の写真展です。
最初の写真展は、昨年7月から8月にかけて、東京・銀座の「Art Gallery M84」にて開催されました。
その折に、ギャラリーにてKindle版電子書籍による写真集を発行し、Amazonにて販売しておりますので、ご案内します。Kindle版電子書籍は、Kindle端末を所有していなくても、スマートフォンやタブレット端末のアプリでご覧いただくことができます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00EU7DURE/ref=tsm_1_fb_lk
また「珈琲楓舎」では、展示作品の額装プリントの販売も行っておりますので、お気軽にお尋ねください。
[PR]
by on-dori | 2014-02-25 20:20 | E-M5 + SIGMA60mmF2.8

Q & A

a0049639_19514613.jpg

写真に限らないことですが、何かを表現しようとするとき、内なる自分を相手に、長い、無言の対話が交わされます。「無言」ではありますが、そこで交わされる言葉の数からすれば「喧しい」と形容してもおかしくない、肯定と否定とが幾重にも折り重なった、終わりのない対話です。
一方で、現実の世界において、生い立ちも考えも異なる他人と交わした会話が、自分の内部ではまだ明瞭に形を伴っていなかった言葉や感覚を呼び覚ますことがあります。
昨日、写真展の会場で、
「いつ頃、どういうきっかけで、こうした写真を撮るようになったのですか? こうした写真を撮るようになる以前は、いわゆる『写真らしい写真』を撮っていたのでしょうか?」
と訊かれました。
今回の「音のない言葉」の写真たちは、ご覧になった方はおわかりのとおり、写真作品というよりも、版画や抽象絵画を思わせる表現が多くを占めています。中には「カメラを使って撮った」ということが唯一、写真である証のような作品も含まれています。
「もちろん、以前は、ごく普通の写真を撮っていました。今でも撮ります」僕は答えました。「いつ頃、どういうきっかけだったかは、自分でもよく覚えていません。ただ、写真を撮るという行為を続けてゆく中で、自分が出会った美しいもの、写真によって表現したい何ものかを、より純粋に、より美しく表現しようと努めているうちに、いつの間にかこのような形になった、そう思います」
振り返ってみれば、このようなことを率直に質問され、答えたことは、今までにない経験でした。何となく(自分の中では当たり前のように)考えていた中味が、思いがけなく形を与えられました。ありがとうございます。
[PR]
by on-dori | 2014-02-24 19:54 | E-M5 + SIGMA60mmF2.8

段々と

a0049639_17564757.jpg

雪はまだあちこちたっぷり残っていますが、生活はだいぶ元通りに戻ってきたよう。
「珈琲楓舎」を訪れるお客さんも、段々といつもの週末に近づいてきました。
今日も会場で、いろいろな方と展示作品についてお話することができました。
ご案内のとおり、写真展「音のない言葉」は会期が一週間延長になって、3月3日(月)まで開催中です。
2月25日(火)がお休みです。

[PR]
by on-dori | 2014-02-23 18:03 | E-M5 + SIGMA60mmF2.8

貴重な時間

a0049639_2013382.jpg

まだ足元の心配が残る中、写真展にいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。
明日も、午後の二、三時間、顔を出せればと思っています。
よろしくお願いいたします。

[PR]
by on-dori | 2014-02-22 20:03 | E-M5 + SIGMA60mmF2.8

良い天気ダ!

a0049639_10413769.jpg

今日は良い天気になりました。
写真展「音のない言葉」@珈琲楓舎、12時から19時まで開催中です。
是非お越しください(作者は18時頃まで会場に居る予定です)。
http://g-kazahana.com/kaedesha
[PR]
by on-dori | 2014-02-22 10:47 | E-M5 + SIGMA60mmF2.8

二つの距離

a0049639_22272346.jpg

大雪の前、書店でふと手に取った「川端康成随筆集」に興味を惹かれ、衝動的に購入、読み始める(いや、本を買うときはいつだって衝動的だ)。
去年の年末に岩波文庫から出た新刊なのだけれど、今頃になって川端康成の随筆集を新たに出版するというのは、一体どういう理由からなのだろう。静かなブームなのだろうか。少なくとも僕自身に関しては、最近はずっと、この時代の人々の文章を読むのが楽しい。遠いけれど、近くに見える。あるいは、近いけれど、遠くに見える。その距離感が心地良い。志賀直哉のことは、この前書いた。ほかには、岸田劉生の著作集であったり、柳田国男であったり。
「川端康成随筆集」を開き、巻頭の「末期の眼」を読み、続いて「ほろびぬ美」を読む。前者は昭和8年に書かれ、後者は昭和44年に書かれている。その二つの作品の、文章のトーンがまったく変わらない。昨日書いて、次を今日書いた、と言われれば、そのまま信じてしまいそうだ。敢えてこの二つを並べて見せた編集の妙味もあるだろうけれど、それ以上に、この作者の内なる感覚が恐ろしい。
[PR]
by on-dori | 2014-02-20 22:57 | DP2 Merrill

週末の予定

22日(土)は写真展会場に居ます。この前みたいな大雪になったりしない限り、居ます。
23日(日)も、なるべく顔を出したいと思っています。
[PR]
by on-dori | 2014-02-19 23:01