ひかりとかぜのとおりみち

<   2013年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「将軍」を名乗る珈琲

a0049639_21282357.jpg

「水戸方面に行くのであれば、是非とも『サザコーヒー』に寄ってみてください」
と「風花画廊」の後藤さん。

ご存知の方も多いかもしれませんが、後藤さんは大変な食通であります。
日本全国の美味しいお店を知っている・・・のみならず、料理の腕前もピカイチ!
「『将軍珈琲』がお勧めです。最後の将軍・徳川慶喜にちなんだ珈琲です」
というわけで、行って来ました。ひたちなか市街にあるサザコーヒー本店。
緑の生い茂る庭にテラス席。いい雰囲気です。
残念ながらテラス席には座れませんでしたが、席に着くなり、お目当ての「徳川将軍珈琲」を注文。
取っ手のない、茶器のような器で登場しました。慶喜公が嗜んだ珈琲の味わいを再現したとのこと。豆の品種はマンデリン。かなり深煎りの濃い珈琲ですが、苦味よりもコクや甘みの強い、とても飲みごたえのある美味しい珈琲でした。

このお店、もし近くに住んでいたら、しょっちゅう通っちゃうかも・・・。

a0049639_21454972.jpg

[PR]
by on-dori | 2013-04-30 21:51 | E-M5 + M.ZD12-50mm

或る晴れた日に

a0049639_19282313.jpg

懐かしい色と形のディーゼルカーが、エンジンをゴロゴロ鳴らしながら出発を待っています。
ここは茨城県ひたちなか市。ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅です。
4月28日は「開業5周年記念祭」の開催日でした(茨城交通から第3セクター化されて5周年)。
太平洋岸らしい、動いていると汗ばんでくるほどの好天に恵まれた一日で、会場は大盛況でした。


a0049639_19353968.jpg

車両を1両丸ごと借りきってのトークショー。中吊り広告にまで手が加わっています。
メインキャストは鉄道写真家の広田泉さん。背中には「いずみ食堂」のロゴが(いつもながら芸が細かい)。
白いTシャツの人は市川ソフトラボラトリー(RAW現像ソフトSILKYPIXの会社です)の横山崇さん。
写真と機材に関する話題を延々何時間もマラソントーク。
名付けて「CPX(シーピーエックス)2013」(←わかる人にはわかるネーミング!)


a0049639_19432632.jpg

ご当地ヒーロー「イバライガー」の面々。
「茨」だからトゲトゲした格好なのか?
ちなみに福島県にも、
白河市の「ダルライザー
いわき市の「ジャンガラー
相双地方には「ディネード
といったご当地ヒーローがおります。
個人的には、ダルライザーのシンプルなデザインが好きかな。
キャラクター紹介のページ、捻りが効いていてダイスです、じゃなかったナイスです^^)

[PR]
by on-dori | 2013-04-30 20:13 | E-M5 + M.ZD12-50mm

初夏とプリン

a0049639_1055058.jpg

昨日は茨城まで行ったわけですが、その途中、どうしても寄り道したいところがあり、一旦高速を降りて、いわき市内を南へ。

田園地帯の一角に、手作りの小さなビニールハウスがありました。
「野らぼう」と名付けられた焼き菓子店です。
主に福島県内の農林水産物情報を紹介するサイト「ふくしま新発売」で知って、「これは是非行かねば!」と思ったのでした。
http://www.new-fukushima.jp/archives/24955.html

なぜかというと、掲載されていたプリンの写真がとても美味しそうだったから。
僕、プリンが大好きなんですよ。それも、最近流行りのとろとろプリンではなく、みっしりした感じの、ちょっと野暮ったいくらいの食感のプリンが好きなんです・・・が、そういうプリンにはなかなかお目に掛かれない。世の中、何もかも洗練され過ぎていて、プリンすら例外ではありません(笑)

a0049639_10144815.jpg


期待に違わぬ、充実した食感のプリンでした(お茶をいただいて、その場で食べました)。満足。
季節の素材を使ったコンフィチュールも試食させていただきました。香りと後味が爽やかなレモンのジャムを購入。

地方発送もOKとのこと。なかなか素敵なビジネスですね。
辺りは萌え立つ新緑が見事で、澄んだ陽光と小鳥のさえずりと道路の真ん中で昼寝するヘビの姿に(笑)、今年最初の初夏を感じました。オススメ!

焼き菓子店「野らぼう」
http://noraboh.blogspot.jp

a0049639_1027713.jpg

[PR]
by on-dori | 2013-04-29 10:29 | E-M5 + M.ZD12-50mm

日に日に光が強くなって行く。

a0049639_22484562.jpg

今日は茨城県ひたちなか市まで行って来ました。
随分走りました。福島市からの往復で400kmオーバー。
こんなに運転したのは久しぶり。
中味は明日以降アップします。

[PR]
by on-dori | 2013-04-28 22:49 | DP2 Merrill

今年も

a0049639_20183939.jpg

「光の森」の季節がやって来ました!

[PR]
by on-dori | 2013-04-27 20:18 | DP2 Merrill

木の温もり

a0049639_1743676.jpg

「風花画廊/珈琲 楓舎」でも作品展をされ、珈琲を飲んでいるとときどきお会いする木工作家の木内啓樹さん^^
お父様も木工作家で、ご自宅兼工房のギャラリー「一心堂」で作品展を開催中とのことでしたので、お邪魔しました。

場所は福島県伊達市梁川町になります。
古い養蚕農家だったギャラリーは、実に良い雰囲気です。僕もこんなところに住んでみたい・・・(冬は思いきり寒そうだけど)。
写真の人物は、木内啓樹さん。作務衣が似合う男!

木内さん、紹介してもらった釜飯のお店、辿り着けませんでした。また次の機会に・・・。

「布・木・陶 展」
今日まで、でした!

a0049639_17425110.jpg

[PR]
by on-dori | 2013-04-27 17:45 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

滋味溢れる

a0049639_17362694.jpg

いつも写真の展示でお世話になっている「風花画廊」のオーナー後藤五木さんの個展にお邪魔しました。
陶芸家である後藤さんは、「風花画廊」に隣接して「一木窯」という工房を構えていらして、毎年この時期にご自身の作品展を開かれています。

後藤さんの創る器は、どちらかと言うと目立たない外観をしているのですが、手に取って、じっと見つめているうちにじわじわと滋味が伝わってくる、味わい深い作風です。

会期中、奥のスペースでは「珈琲 楓舎」も営業中です。
連休の一日、立ち寄られてみてはいかがでしょうか。


「一木窯 後藤五木 陶展」
4/26から5/6まで(会期中無休)
http://g-kazahana.com/

a0049639_1736981.jpg

[PR]
by on-dori | 2013-04-27 17:37 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

光と色

a0049639_20305541.jpg

村上春樹の新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読み始めました。
どちらかと言うと余り好意的でない評判の方を多く耳にするのですが、どことなく『国境の南、太陽の西』や『スプートニクの恋人』といった(必ずしも「成功作」とは見なされない)過去の作品を思い起こさせる、ちょっとだけ不器用でゴツゴツとした手触りを感じる筋の運び具合が、僕は好み。
村上春樹の小説、長編では『ダンス・ダンス・ダンス』と『海辺のカフカ』を、短篇集では『神の子どもたちはみな踊る』と『東京奇譚集』を愛読しています。
『1Q84』は途中で挫折しました・・・。
[PR]
by on-dori | 2013-04-26 20:43 | DP2 Merrill

もう一枚

a0049639_2185038.jpg

[PR]
by on-dori | 2013-04-25 21:08 | E-M5 + M.ZD12-50mm

青い車

a0049639_2010685.jpg

昨日は花で、今日はクルマ。
この前、仙台に行ったときに、クラシックカーのショーをやっていました。
写真は、オリジナルのフィアット500です。

a0049639_20111779.jpg

[PR]
by on-dori | 2013-04-24 20:13 | DP2 Merrill