ひかりとかぜのとおりみち

<   2012年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

能のこと

a0049639_21281668.jpg

今日は「芸術新潮」を立ち読み(書店の皆さま、版元の皆さま、いつも立ち読みばかりでスミマセン。ときどきは買ってます。それに、本は、立ち読みで読むのが一番楽しいんです。本たちは、書店に居るときが一番輝いているんですヨ)。
さて、特集は「はじめて観る能」。
能は、本当に面白いです。僕は学生時代、少しだけ齧ったことがあります。謡や仕舞を練習し、ときには紋付袴をつけて舞台に立ち、あるいは渋谷松濤にある観世能楽堂の床を糠袋で磨いたり、楽屋にも出たり入ったり、師匠筋の演能を観るため結構頻繁に足を運びました。
その頃はまだ若くて、あれこれ自分の殻の中で悩んでばかりいる煮え切らない青年だったものですから、周囲にご迷惑をかけること多々あったのですが、いま振り返ってみて、とてもよい経験をしたなと思っています。日本文化の粋と呼べるものに、ごく身近に接することができたのですから。
さて、多くの人が、能を見ると「眠くなる」と言います。もっとはっきり「退屈だ」という人もいます。
実際、僕も、大体いつも眠くなりました。「退屈」かどうかは何とも言えませんが、能を見ていて「眠くなる」のはおおむね事実です。そして、僕は、そうやって半分眠りこけながら観るのが、能の一番正しく、かつ、楽しい見方なのではないかと当時から思い、いまもそう思っているのです(確信しているのです)。残念ながら、誰も同意してくれませんけど・・・。
そもそも、能というのは、ストーリーを楽しむための演劇ではありません。一応ストーリーらしきものはあるにはあるのですが、それがなければ「始まって終わる」ことができないから取り敢えずついているようなもので、起承転結や劇的な展開や論理的な構成や登場人物同士の自我と自我とのぶつかり合いなどといった要素はほとんど含まれていません。時間も空間も人格も、その輪郭が溶けるように滲み出て、一つの仮想的異空間のような場を作り上げるのが、能です(と、勝手に断言してしまいます)。
それは、能の台本(そう呼んでよいなら)である謡本を追ってゆくとよくわかります。そこでは、過去の和歌や物語や漢籍から取り出されたさまざまな言葉が網の目を作るように幾重にも掛け合わせられ、観る者に、それぞれの演目が表現しようとする或る一つの「主題的なもの」を想起させようと働き掛けます。
例えば、「須磨の浦」が舞台だよ、在原行平に縁のお話だよ、という能であれば、「須磨の浦」という場を示す言葉を起点に、そのイメージを増幅させるための言葉が古今東西の文学的素材を駆使して派生的・連鎖的に繰り広げられ、ヴィジュアルとして舞、さらに五感を直接的に刺激する楽器とバックコーラス(謡)の効果が相まって、結果、舞台の上の「須磨の浦」は既に現実の「須磨の浦」の模写ではなく、抽象的な場としての「須磨の浦」になってゆく。気がついたときには、まるで雲に乗ったような、感覚世界の一部としての「須磨の浦」にいて、どこからともなく押し寄せてくる波の音に耳を澄ます自分と化している。そうしたイマジネーションの飛躍を楽しむための装置が能なのです。意識を日常から遊離させ、遠く離れた世界へ向かって心を投げ出す。ある意味、究極のエンターテインメントです。

・・・と、ここまで書いて、この文章はかなり長くなりそうな気がするので(今日は最後まで書き進められるスタミナもないので)、これで一旦止めておきます。中途半端で申し訳ない。また、そのうち・・・。
[PR]
by on-dori | 2012-11-29 21:31 | DP2 Merrill

何とかなる?

a0049639_2081218.jpg

年も押し詰まってくると「やるべきことをやっておかなければ」という意識が働くのでしょうか、生業の仕事の方で、続けざまに難しい案件が持ち込まれて、やや頭を抱え気味です^^;
ここはひとつ「なんくるないさー」精神で頑張りたいと思います。

・・・ちなみに、この記事をアップしようと思って、あらためて「なんくるないさー」の意味を調べてみたら、「挫けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る」の意だと書いているサイトがありました。単に「何とかなる」という意味ではないそうです(そうだったのか!)。
[PR]
by on-dori | 2012-11-27 20:19 | DP2 Merrill

困りごと

a0049639_2251231.jpg

・・・で(何が「で」なんだ?)、昨日今日と家に居る間は、ひたすら個展に向けた写真のプリントをしていました。
主に、展示用の用紙をどうするかのセレクト作業です。トライ&エラーの繰り返し。おおよそ目星がついてきました。写真を見て下さった方の漏らした、ほんのちょっとした一言が参考になったりします。
困ったのが、どうやら「マックOS10.8(山獅子)とフォトショップCS5とPX-5500プリンタ」の組み合わせでは、A3以上の大きさにプリントしようとすると、余白設定が上手く行かないらしいこと!
フォトショを再インストールしても、プリンタドライバを最新版にアップデートしても、設定をいくらいじっても、とんでもない位置からプリントが開始されます。
取り敢えず、前のMacBookから出力していますが、やっぱりこの先、新しいプリンタを買うしかないのかなあ・・・(いろいろ買っちゃったし、個展の準備もあるから、ツライなあ・・・)。
もし対処法を知っている方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。
[PR]
by on-dori | 2012-11-24 22:53 | DP2 Merrill

三つのこと

a0049639_2214492.jpg

今日は「風花画廊 collection」展へ。
これだけクオリティの高いものがこうして一箇所に集まっているのを見るのは・・・楽しい!

大切なことを聞き、素敵な作品を見、美味しいものをいただきました。
一つ。途切れなく訪れるお客さんですが、「ここまで浸透するのに10年かかりました。5年10年続けて、やっと知られるのだと思うんです」と、オーナーの後藤さん。うん。そうですよね。僕なんか、まだまだほんの数年ダ。
二つ。素晴らしい作品がいくつも展示されている中で、ひときわ目を引くのが、スズキヨシカズさんの大作「化石の森」。サイズが大きいから、ではありません。離れたところから眺めても、近づいて観察しても、少しも見飽きることのない、心の大きな絵です。
三つ。今日、「珈琲 楓舎」の齋藤さんに淹れていただいた珈琲、いつものとちょっと違った味わいだったので訊いてみたら、「マンデリンです」とのこと。でも、違うのは豆だけじゃなくて、スッキリしているのにコクのある味わいなんだよなあ・・・いつもこの味を目指して自宅で淹れているのですが、どうしても辿り着けません。

展覧会、明日までです。
[PR]
by on-dori | 2012-11-24 22:29 | DP2 Merrill

焦らずに

a0049639_21502047.jpg

あー、やらなきゃいけないことが山のように増えてゆく・・・。
けど、楽しむ気持ちを忘れずに、波に乗るみたいに滑り抜けていくのダ!

[PR]
by on-dori | 2012-11-22 21:55 | DP2 Merrill

街の写真屋さん

a0049639_2215228.jpg

お邪魔しました「カラーのいちのせ」。
http://ichinosephoto.com
都内での打ち合わせの帰り道、アポ無し突撃訪問です。
京浜東北線西川口駅下車徒歩10分。
鉄道写真家・広田泉さん主催の「銀座鉄道」@リコーRING CUBE in 2010以来のお付き合いになる店主の一瀬さん。久しぶりにお話できて楽しかったです。
親の代から続く「街の写真屋さん」。僕がいる間にも、ネガを持って写真の焼き増しにいらしたお客さんが。思わず昔に帰ったような、ホッとした気分になりました。
[PR]
by on-dori | 2012-11-20 22:29 | DP2 Merrill

a0049639_19551599.jpg

昨日、思いがけないタイミングで、或る写真家の方にポートフォリオレビューをしていただいた。
時間は恐らく10分程度に過ぎなかったと思う。これまで受けた中でもっとも簡明で、適確なレビューだった。言葉は決して多くなかった。密度が濃いのとも違う。輪郭がくっきりとしていて、限りなく見通しが良い。風が吹いてきて、その風に包まれて一瞬身体が軽くなったかと思うと、すぐまたどこかへ去って行った。
月並みな言葉かもしれないけれど、「一期一会」とはまさにこういうことを指すのではないか・・・その片鱗を感じ取れたような時間だった。
[PR]
by on-dori | 2012-11-19 20:08 | DP2 Merrill

ホッとして、夕暮れ

a0049639_21552899.jpg

今日は写真の用事で東京へ。
何となく良い出会いのある一日になる気がしていたのですが、想像していたよりもさらに、価値ある時間を過ごすことができました。
今日初めてお会いした方も、あらためてお会いした方も、貴重なお時間を割いていただき、本当にありがとうございました。
来年に向けて、新しい一歩を進めることが出来ました。いや、三歩くらい?もっと?
勿体ぶっても始まらないので今日のうちに書いてしまいますが、そう遠くないうちに、都内で個展を開催します。
楽しみにしていてくださいね。
[PR]
by on-dori | 2012-11-18 22:04 | DP2 Merrill

きたかたあたり 05

a0049639_22442798.jpg

(文章の方は喜多方とはさっぱり関係なくなっていますが・・・)

今日は仙台のカロス・ギャラリーにて「Photo Aid in Miyagi 2012〜明日へ架ける光〜」を拝見。
昨年に引き続き2回目となるチャリティ写真展です。
風景、スナップ、鉄道などの、良い意味でアートを意識し過ぎない、率直な感覚・感情の発露としての写真たちが心地よかった。

会場で「えんまさ君」こと遠藤真人さんに会ってビックリ(2月の横浜でのCP+以来)。彼、鉄道写真界のホープです。今日は紅葉の仙山線(仙台と山形を結ぶJRの路線。芭蕉の句で有名な山寺のすぐ近くを通る)を撮影してきたとのこと。
「横に大きくなったみたいだけど?」
とくすぐったら、
「人間として大きくなったと見ていただければ」
と。その意気、いいね。
今月21日(水)から25日(日)まで、新宿のギャラリーでグループ展に出展するとのことなので、お近くの方もそうでない方もぜひ見に行ってみてください。
http://rail.hobidas.com/news/info/article/134265.html
[PR]
by on-dori | 2012-11-17 23:00 | DP2 Merrill

きたかたあたり 04

a0049639_21153272.jpg

来月、東京目黒のギャラリーコスモスにて、「2012コスモス展」に出展します。
http://www.cosmosint.co.jp/2012.php

「コスモス展」は、12月の前半と後半の2回、それぞれ50名の参加者が各1点ずつを出展するグループ展です。僕は前半の部(4〜13日)に参加予定です。初めての参加になります。
4日と14日には忘年会を兼ねたパーティーも開かれるのですが(出展者のみならず、友人・知人も無料!)、平日ということもあり顔を出せそうにありません。残念。

駅からはやや遠いですけど、バラエティに富んだ作品が楽しめると思いますので、ぜひ足をお運びください。
[PR]
by on-dori | 2012-11-16 21:31 | DP2 Merrill