ひかりとかぜのとおりみち

<   2012年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

昨日見た写真展

a0049639_9444871.jpg

昨日は仙台に行って、3つの写真展を見てきました。
それぞれ個性的な内容、会場で、とても楽しむことができました。

福島隆嗣写真展「3月11日の雪」
ギャラリー チフリグリ
福島さんとはカロスギャラリーを通じたお付き合いで(現在開催中の企画展でもご一緒していて)、これまでも作品を拝見しているのですが、今回の個展は福島さんの過去の作品と比べて「異彩を放つ」と言ってよいもののように思います(あるいは、表現の手法こそ違え、常に社会性の写真への反映を重視している「福島さんらしい」作品と言えるかもしれません)。
「3.11」の日、現地にいた方は、大地震のあと天候が急変して雪が降り始めたことを覚えていると思います。慌ただしく緊迫した時間の中、福島さんはその光景を持っていたカメラで切り取りました。フィルムで4枚だけ。
それから1年半が経ち、暗い空から雪が舞い落ちてくる(ほかには何も写っていない)写真を、「真っ白」や「真っ黒」「灰色」といったさまざまな表情にプリントして、ギャラリーの壁面に並べました。
大変美しい展示で、かつ、見る人にそのときの記憶を思い起こさせ、何かを語らせる誘導力があります。僕は非常に好みです。今年見た写真展の中でベスト・ワンに挙げたいとも思います。
一見、震災を都合のよい題材として使った(よくある)現代アート作品のように思えるかもしれませんが、決して頭で一から考えたテーマではなく、震災当日に作者が感じた感覚的・精神的な衝撃が基になって作品に結晶したという点で、まぎれもない「写真」作品です。
会場となったギャラリーも、面白い雰囲気の場所で、見事に異空間が立ち上がっています(不思議なギャラリー名の由来についても、ギャラリストの方に丁寧に説明いただいたのですが、説明すると長くなりそうなので、この場では割愛します)。
*残念ながら、会期が昨日までなのでした・・・。

山田タカスケ + なつみ イラストと写真の展覧会「フォルチュネ島」
ビルドスペース
先ほどのギャラリー チフリグリは仙石線の宮城野原駅下車(楽天イーグルスの本拠地クリネックス球場の近く)、こちらはさらに先へと電車に乗って、塩釜市内です。
何とも魅惑的なタイトルは、16世紀のフランスの詩人ロンサールの詩から取ったとのこと。直訳すると「福島」になります。
パリ在住だった作者ご夫妻が日本に帰国後、東日本大震災を経験し、その後に福島の景色や人々を撮り溜めた作品です。「震災後も福島で出会った人々は笑顔を浮かべ、彼らの風土は以前にも増して美しい」と。そこに、上記の詩人が思い描いた「フォルチュネ島」のイメージを重ね合わせています。
ただ、タイトルやコンセプトの手招きがとても魅力的だった分、写真が普通すぎたかな・・・僕は普段から福島に住んでいて、見慣れている景色なので、そう感じるのかもしれません。幸せや、貴重なものは、存在が身近すぎると気づかないままでいるように・・・。

その後、仙台圏の写真愛好家(特に銀塩写真)の拠点の一つである写真・カメラ店「尚光堂」さんを経由後(実は僕は初めての訪問でした)、いつもお世話になっているカロス・ギャラリーへ。
現在開催中の公募写真展「Sha-gaku vol.5」については、僕自身も出展中ですので、稿をあらためて書きたいと思います。
[PR]
by on-dori | 2012-09-30 10:41 | DP2 Merrill

自由への機縁

a0049639_21361582.jpg

最近、写真に関するセミナー等で、
「写真史における位置づけを踏まえて、作品を解釈する必要がある」
というメソッドを耳にしたことのある人は多いと思います。
僕は、この考え方には反対しません。
ですが、僕自身がこの考え方に沿って思考し、作品制作を行うことは、断固拒否します。
なぜなら、このメソッドは、クリエーターがオリジナルでパワフルな作品制作を目指す上で、明らかに大きな障害になると考えるからです。
もちろん、美術史の研究者やキュレーター、評論家などを目指すのであれば、欠かすことのできない視点だとは思います。「写真を写真史における位置づけで解釈する」とは、学術であり、批評であり、つまり、あくまで外部的な評価の一手段です。
「歴史を参照する」とき、その歴史を一つのスタンダードであると考えて参照するならば、思考や発想の自由というものは制限されると考えた方がよいでしょう。そこでは、参照される歴史の文脈に合致している作家や作品がその歴史の文脈の都合に従ってマッピングされ、そうでないものは捨てられます。答えが最初から決まっているゲームに取り組むようなものであり、それはすなわち(あなたが子供の頃から馴れ親しんできた、あの)「勉強」なのです。
「歴史を参照する」とき、「歴史」とは常に一面的なものの見方であり、無数の視点から紡ぎ得る無数の歴史の中からピックアップされた一視点に過ぎないという性質を知った上で、易々と「歴史の中に位置づけられない」ダンスを踊り続けるならば、そこに自由への機縁が生まれます。
[PR]
by on-dori | 2012-09-27 21:37 | DP2 Merrill

アート=ラブレター

a0049639_20244253.jpg

昨日書いた記事へのコメントで、
「アートとはラブレターのことである」
という視点をいただきました。直感的に理解しやすい、いい喩えではないかと思います。
対象が個人か不特定多数なのかという違いはあるにせよ、どちらも人間が持つ普遍的な感情を相手に伝えようと努力するものであり、その感情を正確に、より強く伝達するためにさまざまな工夫が施され、ひいては作る人の個性が最大限に発揮されるという共通点があります。
もう一つ、僕は、
「アートはエンターテインメントでなければならない」
とも思います。
通俗、暇つぶし、型にはまった表現・・・そうした悪しき意味合いの「エンタメ」ではなく、見る人の心の中にそれまで感じたことのない鮮やかな波紋を巻き起こすような、そんな新しさや楽しみが、写真作品を作るとき、見るときに欠かせないのではないかと思っています。
そのように、常に「見る人に少しでも楽しんでもらいたい」と考えながら作品を作るなら、自らのアートが「独りよがり」や「頭でっかち」に陥るのではないかという(作品制作には大敵の)不安を遠ざけておくことができるでしょう。
そうそう。考えてみれば、ラブレターというのは、人生における最大級のエンターテインメントです(電話でもメールでもなく、手紙だから効くのです!)。
極私的な行為ではあるけれど、一方で、「誰それからラブレターをもらった(誰それにラブレターを渡した)」というとき、つい周囲の人間に吹聴して回りたくなるようなこそばゆさがどこからともなく湧き上がってきます。
そういうところも、アートとラブレターは似ています。
[PR]
by on-dori | 2012-09-27 20:35 | DP2 Merrill

写真についての独り言

a0049639_2005313.jpg

僕は、写真アートというのは、本当に本当にナイーヴなものだと思っています。ほかの芸術表現と比べても、はるかに。正視するのが辛く感じられるほどに、ね。
写真を用いて自己を(あるいは、自己の外側に在るものを)形にしようと本気で取り組んだ人には、その意味するところがわかってもらえるのではないかと思います。
写真とは、常に非・構築的であり、分裂的である視点によってこの世界に接しようとする精神の謂です。
ですから、「コンセプト」という合成素材をもとに写真作品を製造したり、「写真の歴史を踏まえて作家と作品を読み解く」といった、利便性や効率性、説明性を重要視したアプローチは、敢えてそれを言い立て、実行しなくてはならない(現代日本の、日本の写真界の)社会的背景を理解できなくはないものの、それによって捉えることができるのは結局、物事の太過ぎる輪郭線のようなものだけだと思いますし、同時に、アートは「心の火」だという(前時代的な、より正確には「前々時代的」な)定義を捨て去ることができない僕にとって、どうしても選ぶことのできない方法論だとも感じています。
という、小さな独り言。
[PR]
by on-dori | 2012-09-26 20:04 | DP2 Merrill

旅人

a0049639_2151565.jpg

風花画廊さんのブログで、現在開催中の「珈琲楓舎 October」の出展作品をご紹介いただいています。
http://g-kazahana.com/blog/10978

2点展示しているうち「旅人」というタイトルの作品です(↑です)。
僕の作品以外にもいろいろと楽しめる展示になっていますので、お近くの方もそうでない方も、ぜひお越しください。
[PR]
by on-dori | 2012-09-25 21:13 | GXR with GR50mm

沖縄にて 06

a0049639_1931188.jpg

しばらくネット接続の調子が悪くて難儀していたのが、モデムを交換して快調に。
10年以上も使っていたからね、故障するのもやむを得ない。長い間お疲れさまでした。
プロバイダーから送ってきた新しいモデムは、これまでとまったく同じ機種。10年間モデルチェンジしていないのか・・・スゴイな。それとも、レストア品なのかな。
僕は結構、物持ちのいい方で、特にIT関係の機器はあまり入れ替えない(カメラはときどき新しいのを買うけどネ)。パソコンも、液晶モニタも、プリンタも、携帯も、随分長いこと同じものを使っている・・・パソコン(MacBook)は2008年の製品。OSはLeopardだから、もう3世代も前か。そろそろ替え時かなとも思うけど、特に不便はしていないからなあ。

沖縄の写真、今回で終了です。
[PR]
by on-dori | 2012-09-25 19:40 | DP2 Merrill

沖縄にて 05

a0049639_19234613.jpg

このカメラ(SIGMA DP2 Merrill)で撮影した写真、決してカメラに詳しいわけではない方からも、
「ほかのカメラで撮った写真とは雰囲気が違う」
と言われます。
それも、一人だけではなく、複数の方から。
ネット掲載用に縮小した写真でさえそのように感じられるというのは凄いことですし、不思議なことだとも思います。
音楽と同じで、たとえデジタルデータでも、感性に訴える微細な違いが存在するんですね。
[PR]
by on-dori | 2012-09-24 20:06 | DP2 Merrill

沖縄にて 04

a0049639_170680.jpg

那覇の牧志公設市場では、1階の市場で具材を買って、2階の食堂で調理してもらえます。
伊勢エビはお刺身と味噌汁に。魚は煮付けて。
いかにも雑然とした環境だったけど、ムチャ美味かったなあ。
[PR]
by on-dori | 2012-09-22 17:00 | DP2 Merrill

二つの展示会

a0049639_20571796.jpg

現在出展中の二つの展示会、どちらも多くのお客さまにお越しいただいているようで、嬉しい限りです。
個性豊かな出展者の渾身の作品が並んでいます(October展では、選りすぐりの食べ物類も)。
日に日に涼しく、過ごしやすい気候になって来ました。
初秋の一日、南東北の二つのギャラリーにお立ち寄りいただければ幸いです。

それぞれの主催者のブログで、会場の雰囲気をご紹介します。

カロス・ギャラリー「Sha-gaku vol.5」
http://kalos-gallery.blogspot.jp/2012/09/4.html

珈琲 楓舎「October」
http://sekiya-coffee.jugem.jp/?day=20120920
[PR]
by on-dori | 2012-09-21 20:58 | DP2 Merrill

沖縄にて 03

a0049639_20355180.jpg

沖縄西海岸の夕暮れは、本当に綺麗ですね。
水平線上にプカリプカリと浮かんだ雲が薔薇色に染まってゆくのを眺める時間、至福です。

上の写真は、ちょっとドラマティックに。
実際の光は、下の写真のような感じです。


a0049639_20385420.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-09-20 20:41 | DP2 Merrill