ひかりとかぜのとおりみち

カテゴリ:E-M5 + M.ZD17mm f1.8( 85 )

準備完了!

a0049639_17453631.jpg

写真展「音のない言葉」@珈琲楓舎(福島市)
明日、開幕です。ぜひお運びください。
作者は、まずは15日(土)、会場に居る予定です。
それ以外の日も、週末はなるべく顔を出したいと思っています。追ってお知らせいたします。
http://g-kazahana.com/kaedesha
[PR]
by on-dori | 2014-02-11 17:54 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

カレンダー&カレンダー

a0049639_21291987.jpg

いま我が家にある、写真の素敵なカレンダー。

まずは「天の戸」ブランドで有名な浅舞酒造さんのカレンダー「夏田冬蔵」。
奥が2013年版で、手前が2014年版。
スクエアのモノクロ写真は、秋田県湯沢市在住の佐藤忠明さん
文章は、編集者の藤本智士さん
シックな装いと、ハンディなサイズ感がよいですね。

もう一つは、震災遺児の進学支援のためのチャリティーカレンダー「HOPE/2014」
柴田農林高校を始め宮城県内の7つの高校の写真部員とハービー・山口さんの写真で綴る12カ月。
若々しい感性に未来への希望を感じます。

a0049639_21401151.jpg

[PR]
by on-dori | 2014-01-08 21:47 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

どうでしょうか・・・。

a0049639_21352519.jpg

「母親の誕生日プレゼントに花の写真を贈りたい」とのオーダーに応えて、額装品を製作・納品しました。
丁度良いストックがなかったので、切り花を「ああでもない、こうでもない」と撮影。
気に入ってもらえると嬉しいのですが。
[PR]
by on-dori | 2014-01-07 21:35 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

赤と黒

a0049639_2064356.jpg

愛機「シグマDP2 Merrill」君をドレスアップ^^
[PR]
by on-dori | 2013-12-10 20:11 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

お知らせ

a0049639_19432255.jpg

いつもご愛読ありがとうございます。
しばらくの間、ブログとSNSをお休みします。次の活動に向けて、少し休憩です。
メールとメッセージは随時確認しますので、遠慮なくご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by on-dori | 2013-11-28 19:45 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

揺り起こす

a0049639_2174415.jpg

今回の展示は「祀り」でもありました、と書いたら誤解されちゃうかなあ。
わかる人にはわかってもらえると思うんだけど・・・。
でも、場の力を引き出す、揺り起こすというのは、そういうことなんですね。
芸能の起源は神事である、という意味は、とても単純であり、同時に、ものすごく深いと思うのです。
これは、ギャラリーでだけ展示していては、わからないままのことでした。
別に神秘的な話でも何でもないんです・・・と書いたら、ますます誤解されるか。
[PR]
by on-dori | 2013-11-26 21:26 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

終わりは始まり

a0049639_18151082.jpg

昨日、写真展「そのときの光」@西会津国際芸術村が無事終了しました。
今回の展示、本当に本当にいろいろな方々にお世話になりました。
お一人お一人のお名前を挙げて感謝の言葉を伝えたい気持ちでいっぱいです。
そして、遠いところ、決して便利とは言えない会場まで足を運んでくださった皆さまに心より御礼申し上げます。今月の芸術村の来場者数は過去最高を記録しているとのことです。これは決して、写真展のみの集客とは思いません。西会津国際芸術村、すなわち旧新郷中学校が持つ唯一無二の魅力と、そこに集う人々の思いが結集した結果です。
僕自身は、この素晴らしい舞台に身を任せて、思う存分、好きなことをやらせていただきました。個展を終えるたびにいつもしみじみと深い達成感を覚えるのですが、今回感じている充実感と喜びは格別です。写真家冥利、表現者冥利を噛み締めています。

芸術村はこれから、さらに活動的な場へ変貌してゆくことと思います。
それは「アート作品発表の場」として加速してゆくという面のみならず、地域社会が否応なしに直面しているさまざまな課題(人口減少、過疎化、高齢化、産業構造の変化、グローバル化等々)と火花を散らす最前線になるという意味でもあります。僕は、この芸術村は、木造校舎が生み出す温かな包容力をエネルギー源として、21世紀を生きる僕らがどうやったら充実した生を手に入れられるだろうという大きな、根源的な問いに向き合う大切な場になるに違いないと思っています。
どうかこれからも西会津国際芸術村の動向に注目してください。そして、応援よろしくお願いいたします。

さて、僕の写真家としての活動は、展示発表に関しては、今年はこれにて終了です。
年明け、1月18日(土)から2月16日(日)まで、仙台市内のカロス・ギャラリーにて公募企画展「Sha-gaku vol.7」への出展を予定しています。「Sha-gaku」には毎回、実験的な作風の写真を出展するのですが、今回も(一点のみではありますが)面白い作品を見ていただけると思います。
また、2月後半には、福島市内の「珈琲 楓舎」にて、2年ぶりとなる個展を開催予定です。こちらは作品集「音のない言葉」の展示になると思います。
これからも何卒よろしくお願いいたします。
[PR]
by on-dori | 2013-11-25 18:18 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

名残秋

a0049639_204752100.jpg

真っ盛りの紅葉とか、あるいは絶世の美女であるとか、そういった見るからに美しく勢いのあるものを表現するのは、実は写真は不得意なのです。
どちらかと言えば、古びたもの、崩れ始めたもの、どこか哀愁を漂わせるもの、そういった存在を切り取るとき、写真は俄然、能力を発揮します(もちろん、それだけではありませんが)。
「見るからに美しいもの」は「実物を自分の目で見る」からこそ美しいのです。
音楽が音楽でしか表現できない何かを表現しようとするように、絵画が絵画でしか描けない世界を描こうとするのと同じく、写真も写真の領分においてもっとも美しい光と影を引き出そうと努めます。
僕がテーマとして掲げる「日常のとなりにある、非日常の美しさ」とは、そういう意味です。
写真だからこそ気づくことのできる美しさが、世の中にはあります(写真というメディアが生まれたからこそ見出された美しさがあります、と言い換えてもよいかもしれません)。

a0049639_20303595.jpg

a0049639_203969.jpg

今回はすべてアートフィルターの「ジオラマ」モードで。
[PR]
by on-dori | 2013-11-20 20:49 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

冬へ

a0049639_2011019.jpg

福島市郊外を「風花画廊/珈琲 楓舎」へ向けて駆け上ってゆく道です。
山は白いものを被りました。
[PR]
by on-dori | 2013-11-18 20:11 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8

嬉しそう!

a0049639_2055735.jpg

画家のスズキヨシカズさんは、写真好きでカメラ好き。特に古いフィルムカメラが大好きです。
今日も手に入れたばかりの「獲物」を目の前に、満面の笑みを浮かべています。

「これ、ローライの110カメラなんだよ。スゴイでしょ〜(力説!)」
うお、初めて見ました。「110(ワンテン)」とは、かつて存在した超小型のカートリッジ式フィルムのことです。

「ファインダーが物凄くクリアーなの。さすがローライでしょ(さらに力説!)」
うん、確かに被写体がクッキリと見えますよ。底蓋を確認すると、メイド・イン・ジャーマニーです。

「見て!このストロボ!マグネシウムで発光するから、4回しか光らないの(嬉しそう!)」
でも、それじゃ、勿体無くて使えないのでは・・・。

「大丈夫!フィルムもストロボのカートリッジも箱で買ってあるから(ますます嬉しそう!)」
おみそれしました!

ヨシカズさんと話していると、何だかとても楽しい気持ちになります(素晴らしい絵を描く方なんです)。

スズキヨシカズさんも出展されている「風花画廊 collection」展は、福島市荒井の会場で24日(日)まで開催中です。
http://g-kazahana.com
[PR]
by on-dori | 2013-11-17 20:26 | E-M5 + M.ZD17mm f1.8