ひかりとかぜのとおりみち

カテゴリ:DP2 Merrill( 227 )

新作の展示

a0049639_16492594.jpg

いつもお世話になっている「風花画廊/珈琲 楓舎」さん(福島市荒井)のギャラリースペースに、作品を一点飾らせていただきました。
2月に同所で個展を開催した「風渡ル組曲」シリーズの新作になります。
タイトルは「水の迷宮」。
今の季節にぴったりの、碧を基調とした一枚です。
お立ち寄りの際は、ぜひご覧になってみてください。
[PR]
by on-dori | 2012-07-21 16:51 | DP2 Merrill

汽笛が聞こえる・・・

a0049639_12331128.jpg

今月28日(土)と29日(日)の2日間、東北本線の郡山駅と福島駅の間を「SLふくしま復興号」が運行されます。
最近復活したばかりの「C61型20号機」という大型の蒸気機関車です。
で、早速、写真を撮りに行ってきました(近くの線路端まで自転車で〜)。
そうなんです。
今日から23日までと、25・26日は、試験運転なのです。
写真は全然パッとしない出来で申し訳ありませんが、遠くで汽笛の鳴る音が聞こえ、目の前を蒸気機関車が走り去ってゆく姿を見ると、わけもなく血が騒ぎますよね(騒ぎませんか?)
[PR]
by on-dori | 2012-07-21 12:40 | DP2 Merrill

The DP2 Merrill Show 05

a0049639_14353034.jpg

【最後に気になる点をいくつか】

バッテリー1個あたりの撮影枚数97枚(公称値)とのこと。
まだ使い込んでいないのでよくわかりませんが、カメラの大きさに比べてかなり小さなバッテリーなので、余り保たないだろうことは容易に想像できます。
RAW現像の重たさを考えれば、4600万画素センサーからの情報をリアルタイムで処理しながらライブビュー表示するために、CPUには相当な負荷が掛かっているでしょうし。

レンズにフォーカスリングが付いたのはいいですね。
これがあるだけで、操作性が断然違ってきます。
ただ、ちょっとスムーズさに欠けるかな。僕は、ズイコーデジタルやGRユニットのような、電子式のタイプが好みです。人差し指の先でクルクル軽快に回せるからね。

「緑被り」の現象は、確かに少し感じます。
四隅だけ被ると修正が難しいので、今後のファームアップに期待したいところです。

a0049639_14465584.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-07-20 14:49 | DP2 Merrill

The DP2 Merrill Show 04

a0049639_20264720.jpg

オプションのクローズアップレンズを装着しての撮影。
これ、AFが効くので便利です。
それより何より、ピントのあった部分の解像感が本当に素晴らしい!
でも、このサイズでは、上手く伝わらないか・・・。
ボケ味だって悪くありません。

     * * *

「Foveonはモノクロがいい」との評価、定説になりつつありますね。
是非とも「Mモノクロームにだって負けないぜ!」の気概で使い倒しましょう。

a0049639_20355873.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-07-19 20:48 | DP2 Merrill

The DP2 Merrill Show 03

a0049639_19262349.jpg

解像性能に関しては、敢えて触れるまでもないのでしょうけど・・・。
上の写真は、手持ちで撮影したので絞り込みが不足気味ですが、等倍でチェックすると、合焦部分は迷いのない気持ちのいい切れ味。
グリーンの色味もよい感じですし、さまざまな種類の草の葉の質感を見事に描き分けていると思います。
ただ、標準設定のままだと、ちょっとシャープネスが強過ぎでしょうか。
RAW現像時にもっとも弱い設定(マイナス2)に落としています(今のところ、すべてRAWで撮影しています)。
同梱の現像ソフト「SIGMA Photo Pro」は、シンプルでわかりやすいインターフェイスですが、それより何より一枚のファイルサイズが重たくて重たくて・・・。
うちのMacBook(late 2008)には荷が重すぎる感じです。

a0049639_19254817.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-07-18 19:32 | DP2 Merrill

The DP2 Merrill Show 02

a0049639_21531231.jpg

これはきっと多くの方が感じていることではないかと思いますが、
「DP2 Merrill、画質が一皮むけたよね」
正直な感想を書くなら、CP+で展示されていたプリントやサンプル画像を見た限りでは、SD1には手を出しかねる印象でした。新しいセンサーの潜在力を十分に引き出し切れていないような。
ところが、DP2 Merrillで撮影した写真が少しずつWeb上にアップされ始めたのを見て、
「おや、これはもしかして?」
と。発売前のカメラを予約注文したのは、今回が初めてです。

     * * *

「アンダーがいい」ともっぱらの評判です。
シャドーが粘りに粘ります。かと言って「眠い」わけではありません。
暗闇の奥から物の輪郭がジワリと顔を覗かせるような、実に腰のある描写を見せてくれます。
感度は200までしか試していませんが、デジタルっぽいノイズが乗ることもなく、攻めた露出が楽しめます。

a0049639_22135556.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-07-17 22:14 | DP2 Merrill

The DP2 Merrill Show 01

a0049639_16301968.jpg

新しいカメラがやって来ました。
その名は「SIGMA DP2 Merrill」
今話題の凄いカメラです。
どの辺りがスゴいのかは・・・検索お願いします。
カメラに興味のない人にとっては、どうってことないね^^;

     * * *

午後の酷暑の中、早速試写に持ち出しました。
少し大柄だけど、使いやすい大きさだとも言えます。
心配していた操作性、悪くないじゃないですか!
やや独特ではありますが、よく練られていて、慣れればストレスなく使えそうです。
問題は・・・スイッチを入れてものの5分も経たないうちに、右手の辺りがモワモワと発熱してくるのです。今日の暑さのせいだけじゃないと思います。
決して無理をさせられないカメラだという雰囲気、濃厚に漂ってます・・・。

a0049639_16364655.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-07-16 16:43 | DP2 Merrill