ひかりとかぜのとおりみち

カテゴリ:GXR with GR50mm( 371 )

十八番

a0049639_19523460.jpg

「音のない言葉 #18」


福島市荒井の「珈琲楓舎」では明日から「珈琲のうつわ」展が開催されます。
「風花画廊/一木窯」主宰の後藤五木さん始め、多くの作家さんのバラエティに富んだ器を手に取ってご覧になることができますし、もちろん購入することもできます。
その会場の一角に、来月開催の写真展「音のない言葉」のシリーズから一点を先行展示いたします。本番とはちょっと違って、太子判の木製額に収めた、こぢんまりとしたスタイルです。
「これ、何を撮ったんですか?」
と訊かれることの多い「音のない言葉」の写真たちですが、この十八番、
「くまもんのほっぺた、撮りました」
と答えることにしましょうか(笑)
[PR]
by on-dori | 2014-01-14 20:09 | GXR with GR50mm

青と黄色

a0049639_2155797.jpg

福島市荒井の「風花画廊/珈琲 楓舎」では、江口の写真を常時展示いただいています。
ありがとうございます。
明日から、新しい作品「Flōra」をご覧いただけます。
先日このブログにもアップした桜の写真です。プリントで見ると、Webとはまた違った味わいが楽しめると思います。
ブルーのマット、黄色い土壁に映えて、とてもよい雰囲気です。実はそこまでは意図していなかったのですが・・・。

今月26日(金)からは、画廊オーナーの個展「一木窯 後藤五木 陶展」が開催されます(5月6日(月)まで。会期中無休。三浦麻梨乃さんの銅版画を同時展示)。是非お運びください。
[PR]
by on-dori | 2013-04-19 21:19 | GXR with GR50mm

「Sha-gaku vol.5」のこと(その2)

a0049639_19212045.jpg

「The Beginning and The End」

「始まりと終わり」・・・どちらが始まりでどちらが終わりなのか、作者にもよくわかりません。
ビッグバン?ビッグリップ?(あるいはビッグクランチ?)
「始まりと終わり」は、結局は同じものなのか?
ネガとポジの反転関係は、写真のメカニックな構造そのものでもあります。

でも、作品に触れて、そこからいろいろな意味を汲み取ってもらっても、そうでなくても、僕はどちらでも構わない。
ビジュアルとして、見る人に楽しんでもらえるのが、作者としては一番嬉しい。
全体を一瞥したときの強い印象。
二歩近づいて、間近でプリントの細部を観察したときの豊かなディテール。
僕の作品の多くは、この二つの要素の組み合わせの妙により成り立っています。
僕自身が、そういう作品が好きなのです。
自分がまず最初に驚きたいし、楽しみたい。自分が一番見たいと思う作品を常に作っているのです。
そして、観客の皆さんの心の中に、作者が考えもしなかった自由奔放なイメージが湧き上がるなら・・・。

というわけで、今回は、壁面に写真とタイトルしか置かないシンプルな展示にしたのですが、さすがに作者名くらいは貼り付けておくべきだったかな^^;

a0049639_19213212.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-10-03 19:47 | GXR with GR50mm

旅人

a0049639_2151565.jpg

風花画廊さんのブログで、現在開催中の「珈琲楓舎 October」の出展作品をご紹介いただいています。
http://g-kazahana.com/blog/10978

2点展示しているうち「旅人」というタイトルの作品です(↑です)。
僕の作品以外にもいろいろと楽しめる展示になっていますので、お近くの方もそうでない方も、ぜひお越しください。
[PR]
by on-dori | 2012-09-25 21:13 | GXR with GR50mm

道沿い

a0049639_22252352.jpg

矢野顕子+レイ・ハラカミの「yanokamick」が届いたので、聴いてます。いいアルバムですね。
[PR]
by on-dori | 2012-08-28 22:27 | GXR with GR50mm

宵の色

a0049639_204107.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-07-02 20:04 | GXR with GR50mm

初夏の色

a0049639_1059764.jpg

和歌山県産の南高梅。
ヘタ取りまで終わったところ。
このあと、流水で洗って汚れを落とし、キッチンペーパーで水気をよく拭き取ってから、酢と氷砂糖と一緒に漬け込みます。エキスがたっぷり染み出た梅シロップが出来上がるまで、約三週間の辛抱。

・・・というカミさんの作業を脇で少しだけ手伝いました。
[PR]
by on-dori | 2012-06-24 11:05 | GXR with GR50mm

切り口

a0049639_20303187.jpg

思想家の内田樹さんのブログはいつも興味深く読ませていただいているのですが、今日のエントリーには特に感応する部分がありました。
分をわきまえずに書くとすれば、僕にとっての写真は、そこに書かれていることとほとんど同じものです。
すなわち、自身が何を感知するかのセンサーの問題であり、常に背中合わせの存在である日常と非日常の在り方にどのように心を砕くか(如何にして日常から非日常を汲み出し、非日常を日常へと還流させるか)という実践です。
[PR]
by on-dori | 2012-06-18 20:53 | GXR with GR50mm

"風渡ル組曲"再び

a0049639_149527.jpg

【終了しました。多くの方のご来場、誠にありがとうございました】


江口敬写真展 "風渡ル組曲"
2012年4月14日(土)〜 5月6日(日)/13:00~19:00/4月16・23日(月)休廊
カロス・ギャラリー(仙台市)にて
入場料300円(期間中何度でも入場出来るパスポート制)

2月に福島市内で開催し好評を博した写真展 "風渡ル組曲"が、新作を加え仙台へ!
全12点の非日常に煌めく世界をお楽しみください。

☆作者の在廊予定:14日(土)は、ずっと在廊する予定です。21日(土)は、多分ちょっとだけ顔を出します(午後1時頃から少し)。

☆同時開催 "Photo Style vol.1"
複数の出展者が、フォトブックやポートフォリオ及びプリント作品で自らの写真世界を提示する企画展です。

☆河北新報社主催「せんだい春のアート散歩」の参加会場になっています。カロス・ギャラリー始め、仙台市内35の画廊・ギャラリー・美術館・展示会場でスタンプラリーが開催されます。抽選で素敵な商品が当たります。

☆河北新報社のブログ「夕刊編集部・までぇに街いま」で、カロス・ギャラリーと今回の写真展をご紹介いただきました。ぜひご覧ください。
http://flat.kahoku.co.jp/u/y_machi/WbL6KNfHx5niIZwAuYTS/

☆会場住所:仙台市青葉区堤通雨宮町2-21 クラッセ雨宮ビル102
☆地下鉄「北四番丁」駅で下車後、大きな通り(勾当台通り:下の地図の22号線)を北へ向かって5分程度歩きます。通り沿いではなく、小さな交差点を右に折れてすぐのところに入口があります。三菱自動車のディーラーが目印です。
☆バス利用の場合は、市営又は宮城交通バスの「堤通雨宮町」停留所で下車してください(徒歩2〜3分)。
☆自家用車の場合は、時間貸しの民間駐車場をご利用ください(周辺に多数あります)。


[PR]
by on-dori | 2012-05-06 19:00 | GXR with GR50mm

なごみ

a0049639_19474282.jpg

[PR]
by on-dori | 2012-04-20 19:48 | GXR with GR50mm