ひかりとかぜのとおりみち

魔法の時間

a0049639_20524913.jpg

東京の表参道交差点近くにある老舗の喫茶店。
「日本一」との呼び声も耳にします。
入居しているビルの建て替えのため、今月いっぱいで閉店とのこと。
しばらく待った後、満席の(しかし、静かな)店内をカウンターへ案内されました。
ちょうど目の前で、奥様と思しき方がドリップを。
微動だにしない姿勢のまま、珈琲を淹れる腕だけが滑らかに動きます。
どこか魔法のよう。あるいは、じっと見入ってしまう催眠術のよう。
いただいた珈琲は深く、シャープで、非の打ちどころのない味、香り、温度。
あんなに休み無く淹れ続けているのに・・・本当に魔法を知っているのかもしれない。
今回が初めてで、恐らく最後の訪問です。

[PR]
by on-dori | 2013-12-09 21:08 | DP2 Merrill