ひかりとかぜのとおりみち

ぶつぶつ

a0049639_1915168.jpg

今日、朝日新聞を読んでいたら、渡辺京二さんという方のインタビューが載っていました。
その中で「経済にとらわれていることが、私たちの苦しみの源泉なのではありませんか」と。
本当、そのとおりだよね。

僕は、人間が発明した概念の中で人間自身にもっとも大きな影響を与えたものは「宗教」と「経済」だと思っています。そして、その二つともに社会を規定し、束縛すると同時に、社会をドライブする強大な力であり続けた。
「宗教」は「経済」よりも先にその力を衰えさせ、今また「経済」も崩壊のとば口へと差し掛かっています。力を失う寸前だからこそ、最後の力を振り絞って、人間を支配しようとしている。
いきなり突拍子もない話になりますが、今この時代に、人類という種のまとまりに課せられた使命があるとすれば、「宗教」や「経済」に代わって、人が生きて行くことを支える「何か」を生み出すことができるか、そのことだろうと思うのです。
その「何か」が何なのかは、ちょっと想像がつかないけれど。
[PR]
by on-dori | 2013-08-23 19:37 | DP2 Merrill