ひかりとかぜのとおりみち

あらためて

a0049639_1054976.jpg

個展というのは不思議なもので、開催して、閉会して、でも、それで「全て終わり」にはならない。
終わったあとに、いろいろな人と話して、評価や感想をもらったり、「誰それがこんな受け止め方をしていたよ」と伝え聞いたりする。
自分の中でもう一度反芻して、一体何を撮ったのか、何を表現したかったのかを、あらためて見つめ直したりもする(特に今回は、電子書籍の形で写真集にまとめ直す予定なので、考えることが多い)。
今の、この困難な時代を生きて行こうとする上で、新しい感覚を求めていた人が、僕の写真を見て、心の内に「発火」の感覚を抱いた、そんな感想を何人かの方からいただくことできた。とても、嬉しい。
今回の写真展は、まだ自分自身でも十分に煮詰め切れていないところがあったのだけれど、思いきって開催して良かったと思う。実際に「形にして見せる」のは、本当に本当に大切なこと。形にして見せて、「どうだ、すごいだろう」と言いたいわけではない。誰かに「発火」してもらうこと、それこそが真の意義なのだ。

     * * *

さて、今日は午後から、友人の結婚式&披露宴です。
真夏の写真係、頑張るゼ!
[PR]
by on-dori | 2013-08-11 11:29 | DP2 Merrill