ひかりとかぜのとおりみち

胸に刻む

a0049639_2013618.jpg

都内で個展を開いてよかったと思うのは、やはり大勢のお客さまにいらしていただけたこと。
これまでネット上でしかコミュニケーションがなかった方や、学生時代の友人、地方から上京してギャラリー巡り中のご夫婦など、多くの出会いに恵まれるとともに、実にさまざまな視点から作品を見ていただくことができた。

自分なりに勇気を持って、粘り強く続けてきたことが報われた、と思える出来事もあった。
2010年12月、銀座のリコーRING CUBEギャラリーの一角で、「NEXT GENERATION」と銘打って、写真を展示していただいたことがあった。
そのときのことは、livedoorニュースさんがネットで取材記事にしてくださったのだが、その「写真家になるのに遅すぎることはない」という記事の内容をずっと心に留めていた方がいらして、今回、個展会場に足を運んでくださり、思いの丈をストレートに僕にぶつけてくれた。曰く、
「自分は、写真家というのは、若い頃から専門学校に通ったり、有名なプロのアシスタントとして下働きしなければ決してなれないものだと思っていたが、あのときあの記事を読んで、そうではない人がいるのに勇気づけられた。今も、別の仕事をしながら写真に取り組んでいる」と。
僕は、正規の写真教育を受けたことがなく、プロの世界で修行した経験もない。ただひたすら、自らの信じるところに従って写真を撮り、作品として発表し、その行為を写真家だと自称している。
そのことが今後、自分をどういう場所に連れて行くのか想像もつかないが、少なくとも僕の写真や活動を見て、何かを感じてくれている人がいるということだけは、しっかりと胸に刻むことができた。
そして、それ以上、一体何を望めばよいと言うのだろう?

☆「NEXT GENERATION」のlivedoorニュースの記事はこちら。
http://itlifehack.jp/archives/3823942.html
[PR]
by on-dori | 2013-02-27 20:48 | DP2 Merrill