ひかりとかぜのとおりみち

あなたのカメラは

a0049639_2145439.jpg

写真展に来る人のうち何割かは、首からカメラをぶらさげている。
この世には多種多様なカメラメーカーがあり、カメラがある。
僕の写真展では、リコーとペンタックスのカメラを提げた人が多かった。割合的に極めて高かった。
基本、マニアックな人が多いのである(笑)
理由は、ある。
僕は一時期、リコーのGXRというカメラを集中的に使い込んでいて、ブログでもそのことをかなり書いたし、撮った写真も次々アップした。銀座のRING CUBEで写真の展示もさせてもらった。
そのため、検索で僕のブログにヒットして、「それ以来、ブログを読んでます」という方が何人も、今回の個展にいらしてくださった。もちろん、持参のカメラはGXR。
今でもこのブログで一番多い検索ワードは「GXR」である。使いこなしについて連載した記事には、コンスタントにアクセスが続いている(←読み返すと、僕自身、書いた当時と今現在とでは考え方や方法論に微妙に異なる部分があるけどね)。

そう言えば今回、カメラという切り口で、とても印象に残った来場者が一人いらした。
年若い、可愛らしい女性で、ふと来場者の途絶えた時間に、自転車でふらりとやって来た。
ファッションもとても素敵で、雰囲気的にはオリンパスPENとか、ちょっと古いフィルムカメラが似合いそう。
でも、首から提げたカメラは、GR50mmユニット付きのGXR。黒くて無骨な、GXR。しかも、
「DP1 Merrillを買おうかどうか検討しているんですが、Merrillのプリントを実際に見られるところが余り無くて」
とおっしゃる。そのあと、彼女としばらく、Merrill談義。

人もカメラも、見た目では判断できないのヨ。
[PR]
by on-dori | 2013-02-25 22:08 | DP2 Merrill