ひかりとかぜのとおりみち

秋、冬。

a0049639_2116525.jpg

「幸福な、Daylight」。
昨秋、「風花画廊/珈琲 楓舎」のギャラリースペースに飾らせていただいた一枚です。
自分でもお気に入りの一枚なのですが、短期間のうちに売れてしまい(ありがとうございます!)、余り多くの人の目に触れなかったと思われますので、ここで一度。

     * * *

現在開催中の個展「Life is beautiful −光の森−」にご来場の皆さま、ブログ等でご紹介くだされた皆さま、あらためて御礼申し上げます。
「寒さ極まる2月に、暖かな光の写真展を」と思い、この時期の開催を選んだのですが、本当に毎日寒いです(笑)
作品への感想や評価はいろいろあると思うのですが、今日は「こういう視点もありますよ」ということで、機材の話をちょっとだけしておこうと思います。

今回の個展の展示作品はすべて、「シグマDP2 Merrill」というカメラを使って撮影しています。
「コンパクトデジタルカメラ」に分類される、レンズ交換ができない小さめのカメラなのですが、よく写ります。本当によく写ります。
「解像力が非常に高い」あるいは「色に深みがある」といった特徴があるのですが、これらの性質は、ほかのメーカーのカメラにはない独自の撮影用センサーから生み出されています。
そして、それだけにとどまらず、撮影方法によっては、これまた他のカメラでは決して得ることの出来ない独特な描写が可能になるのです。今回の僕の写真は、その独特な写りを最大限に活かして作品に昇華しています。
それがどのような描写なのかは・・・ぜひ会場でお楽しみください。
中には「フォトショップのレタッチ(加工や合成)で作った作品なのか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、さにあらず。ほぼ100%、撮影したそのままをRAW現像した写真ばかりです。
プリントには、顔料インクのインクジェットプリンタを用いています。
用紙は、マット系のファインアート紙です。


☆個展の情報はコチラです(ときどき更新中!)→ http://ondori.exblog.jp/16945507/
[PR]
by on-dori | 2013-02-07 21:50 | DP2 Merrill